皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年 胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、もし葉酸が不足したら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、これが胎児に欠乏した場合 正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害などを発症するリスクが高まると報告されています。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、摂取をお勧めします。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。
ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊につながる冷えや血行不順 排卵障害などを招きます。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や本人の不安などが不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。穏やかな気持ちで治療を続けることは大切です。鍼でツボを刺激することにより自律神経系及び内分泌系の働きを良くする効果があり、全身の機能のバランスを良い状態に整えたり、促進するというような効果が期待できます。
お灸は肩こりや腰痛の改善のために行う治療方法なんて、思っている方も少なくないと思いますが、副作用や後遺症なく妊娠しやすい体を作る人工的な薬に頼らない方法として不妊に悩む方にはお灸がいいそうです。妊娠しやすくなるために、大変重要なのは質の良い睡眠です。
人間は睡眠が足りない状態が続くと、体の中で活性酸素が作られてそのことが原因で、卵子 精子が酸化されて劣化することになります。歳をとるごとに衰えていく性機能を少しでもキープするため、妊活中の人は睡眠をたっぷりととることに努めましょう。
不妊の原因として基礎体温が二層に分かれていないという点があります。一般的には月の中で高温期と低温期がはっきりと二つの状態に分かれているはずで、これは正常に排卵がされているかを知る目安になるのです。これがきちんと二層に分かれていない原因には無排卵月経などの排卵障害となっていることもありえるのではないかと思います。
日々忙しく暮らしている妊活真っ只中の女の方に妊活アプリが高評価を得ています。面倒な基礎体温の記録ができたり、排卵日の予測が可能だったり、上手くアプリを活用することで役立つツールとなります。また、女性だけではなく、数は少ないものの、男の方の使用を意図としたアプリまで作られています。いつが妊娠しやすい日なのか予測する機能も持っているので子作りのタイミングを自然に男性の方に分かってもらえるでしょう
妊娠するための積極的な活動を開始したら同じ時に私(女性)に効果があるという事で葉酸とマカを夫は(男性は)マカと亜鉛が良いという事で、二つのサプリを飲むようになりました。
葉酸は妊娠直後の胎児の神経発育に役立つとても大切な栄養素で、マカは生殖や活力を強くする効果ががあり、亜鉛は精子の増加を助け活性化させるのに役立ったので、開始しました。飲み続けて半年で、私の所にも赤ちゃんがやってきました!赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だと知っている方が多くなりましたが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで受精率や着床率が上がるといわれているのです。受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので多くの葉酸を使わなければなりません。このことを考えれば、お子さんが欲しい男女にとって葉酸は大事な栄養素であり、もちろん胎児の発育にとっても絶対欠かせない栄養素なので、妊娠前から出産後までの摂取が大事になってくるのです。
黒豆茶をご存知ですか?黒豆茶を妊活中に飲むことは大変良い組み合わせなのです。黒豆茶はカフェインを含有していませんから、妊娠中や妊活中であっても安心して飲めるお茶ですし、黒豆茶に特徴的なイソフラボンという成分が妊活に必要な女性ホルモンに似た作用をするからなのです。イソフラボンを摂取しておけば肉体や精神のバランスを安定させてくれる作用が期待できますから、ぜひ、毎日黒豆茶をホットで飲むことで、さらなる効果が期待できますね。時々聞く話ですが、妊娠してから体質が変わって便秘しやすくなったという方がけっこう見受けられます。便秘にならないようにするためにも、正常な腸内環境でないとあらゆる栄養素が腸から吸収されなくなります。葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって身体への取り込みが正常に行われるので、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも意識することが求められます。皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために最も重要な栄養素のひとつであると言われています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません
参考元:妊活サプリランキング
では、実際に葉酸サプリを活用した場合 いつからいつまでが補給期間なのでしょうか
多くの場合 妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊娠期間中 葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠3か月までだと言われていますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においてもとても大事な栄養成分ですから、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、意識して摂取することを、妊娠初期から続ける栄養素の一つです。
どこの製薬会社や健康食品会社からも主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、注意しなければならないのは、買うときに何が入っているのか全て見ておくことです。特に、妊娠初期は身体が敏感になっているのでできるだけ無添加無香料の身体に優しい製品を探しましょう。